活動報告

ふれあいワークショップ開催!

4/1(土)・4(火)・6(木)・8(土)に、わくわくコマツ館2F教室で

ふれあいワークショップを開催しました!

これまで理科教室で取り上げたテーマの教材の展示や体験、

親子で楽しめる工作、鋳物ペンダント作り、リニューアルした「たまごを守れるカー」など

盛りだくさんの内容で、お客様に楽しんでいただきました。

「たまごを守れるカー」は、ダンプトラックの荷台に生卵を乗せ、坂道を下っていくと・・・壁に衝突!

その衝撃から生卵を守れるか!?という実験です。

いろんな工夫を卵にほどこしていく参加者の方の表情は真剣そのもので

残念ながら卵が割れてしまった方も、「ここがダメだった・・・」と原因を追究したり

反省点を活かし、再度実験に取り組む方もいらっしゃいました。

DSC00542.JPG DSCF8087.JPGのサムネイル画像

DSCF8086.JPG DSC00549.JPG


こまつの杜では、月に1度小学生を対象とした理科教室も開催しておりますので

興味のある方は、こまつの杜HPトップのイベント情報をご参照ください。

「わくわくコマツ塾」発表会を開催!

3月28日(火)、昨年7月から活動してきた「わくわくコマツ塾」の発表会を開催しました。

保護者の皆さんをはじめ大勢の方に参加いただき、さらに野路会長(コマツ)と山口理事長(NPOみどりのこまつスクスク会)にも出席いただく中、塾生6名が活動の集大成として研究の成果や活動の感想を発表しました。

全員写真.jpg

聴講者.JPG

「わくわくコマツ塾」は、こまつの杜の理科教室活動により深く参加してもらうために年間を通して一つのテーマで活動し、自主的に課題を見つけ解決する力を養うことを狙いに開講し、今年度は、「砂鉄で学ぼう」と「地球にやさしい燃料電池」の二つのテーマで活動してきました。

「砂鉄で学ぼう」では、海岸での砂鉄採集や刀工による日本刀づくりを見学するとともに、遊泉寺銅山跡や尾小屋鉱山資料館で鉱石の専門家による講義を受け、火山活動により砂鉄ができることを学んだこと。実験では、先人の知恵による砂鉄の分離方法や鉄がどうして錆びるのか検証したことを発表しました。

砂鉄.jpg

砂鉄②.JPG

「地球にやさしい燃料電池」では、火力発電所や原子力発電所を見学し、さらに、水力や太陽光、バイオマス等の再生可能エネルギ-の勉強を通して、燃料電池が地球にやさしいことを学んだこと。

実験では、まず、水の電気分解で水素を発生させ、その水素をどのように反応させたら電気が発生すのか検証したことを発表しました。

燃料電池.jpg

燃料電池②.JPG

発表の後、野路さんから、"コマツ塾で体験した、自分で考えまとめ発表する力は社会でも大事である。なにより友達と一緒に考え、準備してきたことは貴重な経験になったと思います。"と講評を頂きました。

野路さん講評.JPG

最後、塾生6名に修了証書と記念品を授与して、発表会を終了しました。

発表会後の茶話会では、保護者の皆さんから、"子供が自分で調べてまとめている様子を初めて見て驚いた。"、"子供たちが人前で発表する経験ができて良かった。"というご意見をいただき、関係者全員ホッとすると同時に来年度開催に向けての弾みがつきました。

3月15日 犬丸小学校児童クラブ 出前教室の様子です

ここは何処でしょう?何しているの?
楽しそうですね。

DSCF0436.JPG

実は新聞ドームの中なんです。
新聞ドームって?

DSCF0416.JPGDSCF0419.JPG
児童クラブのみんなと、新聞を貼り合わせて作りました。中は結構広いんです。
作って、中で遊んで、記念撮影、最後は破って外に出ます。

DSCF0395.JPGDSCF0441.JPG

楽しかったね!!

春休みイベントの準備中!

スクスク教室部会のみなさんが何やらもくもくと作業されていたので、近づいてみると・・・
DSCF8500.JPG

4/1、8(土)に開催される春休みふれあいワークショップで行う「たまごをまもれるカー」で使うダンプトラックを作っていました!
本日は当日使うダンプトラックを制作するスクスク教室部会の様子を報告します!

作業は、各自担当が決まっている分業制のようで、机の上は小さなダンプトラック組立工場ができていました。
大まかなパーツができあがれば、
DSCF8497.JPG

ボンドやネジで固定をします。
DSCF8496.JPG

DSCF8494.JPG

デカールの位置もすごく大事で定規計測し合わせるこだわりが。
DSCF8499.JPG

あとは走行試験をして問題なければ完成です(*^_^*)
DSCF8502.JPG

完成!!
DSCF8501.JPG


ぜひ、春休みのイベントに遊びに来てくださいね!

アートアート&ものづくり教室を行いました。

1月28日(土)に画用紙30枚を貼り合わせた約2m四方の紙に裸足で乗り、
太い刷毛を使い思いっきり自由に色とりどりの線を引きました。
その後、画用紙を1枚ずつ切り離し、先ほど描いた線から想像をし、
「顔に見える!」や「電車だ!」などそれぞれが
サインペンやパステルで仕上げていました。
この日みんなの足の裏も手も色とりどりで、
見ていた私たちも心が色とりどりで、楽しいイベントになりました。
書き上げた作品は最後にみんなの前で発表をして、持ち帰りました。

出前教室in東京

 7/31(日)新宿NSビルで日刊工業新聞社主催の「モノづくり体感スタジアム」が開催されました。これまで5年連続で出展おり、今年は新しいテーマ『油圧ショベルはバランスが命』で募集したところ、34名の子供達の参加がありました。

油圧ショベルの仕組みをみんなで勉強をしてから、待ちに待ったパワーショベルの模型を組み立てます。ドライバーやスパナを使うことから、ちょっと難しそうな場面もありましたが、どの子も見事完成させました。お互いに出来上がった模型を見せ動かしながら、30°の坂を上るテストで「合格!」と言われた時の子供達の誇らしげな表情は、忘れることができません。

1.jpg

 バランスを整えていよいよ競争です。2人ペアになり、カニ走行でパイプを運びます。初対面の子供同士ですが、あっという間に仲良くなり意気投合していました。前進と後進しかしないリモコンなので最初は難しそうでしたが、何度か練習するうちに上手に曲がることもできるようになりました。大盛り上がりの競争でした!

2.jpg

 せっかく東京に理科教室の道具を持ってきて1日のみの出前教室ではもったいない!ということで、次の日8/1(月)には「渋谷区こども科学センター・ハチラボ」での出前教室を開催しました。このようなテーマは今までハチラボではなかったようで、事前受付は約2時間で閉切りとなり、前日までキャンセル待ちの電話がかかるほどの盛況ぶりで、東京の子供達の熱心さを感じました。

3.jpg

 2日間の出前教室では、理科好きの子供達がたくさん集まったことから、これまでにない多くの感動を受けることができました。
こまつの杜では、今後も子供達にモノづくりの楽しさを伝えるとともに、活動の幅を広げていけるように益々頑張っていきます。

工作教室やってます!

よく「コマツ館2階は何があるんですか?」という質問をうけます。
この夏休み、火曜日と木曜日は、工作教室をやっています!
 ・手作り扇子を作ろう
 ・紙コップロケットを作って飛ばそう
 ・カチャカチャロボットを作って動かしてみよう(先着5名)
どれも楽しい内容です。
開催日はこちら!

今日は盛り上がっていますよ~。
DSCF7710.JPG

DSCF7703.JPG

DSCF7707.JPG

DSCF7709.JPG


スクスク理科教室第50回!!

DSCN2155.JPG

みなさん、こんにちは!

ご存知の方もいるかもしれませんが、

こまつの杜では毎月小学生を対象に「理科教室」を開催しています。

コマツのOBが講師となり、科学に関する不思議や、物理を交えてブルドーザーがなぜあんなに力持ちなのかを調べたり、電池や模型を使ってハイブリットとはどういう仕組みなのかを皆さんと実験して考えたりと、理科好きな子を増やしていこう!というコンセプトのもと活動しています。

その活動が、すばらしいとこに今回で第50回を迎えました!

第1回から来ていたお子さんは中学生になっている子もいます。

毎回来てくれる子も、参加してみたいなと思っている子も、まだまだ楽しい内容の教室があるので、ぜひご参加ください!!

夏休みは自由研究のアドバイスや実験も一緒に考えます^^

これからもスクスク理科教室をよろしくお願いします!!

出前教室in東京

7月25日(土)-26日 (日)に、東京国際フォーラムで開催された「モノづくり体感スタジアム」(日刊工業新聞社主催)に、こまつの杜の理科教室が出前授業として出展しました。
内容は『こども鋳物教室』と題しまして、小学校高学年を対象に鋳物のペンダントづくりをしました。2日間で4回の教室を開催し、小学4年生-中学1年生までの65名が参加しました。

前半では身の回りの鋳物のがどうやってできているかを学習しました。身近な鋳物と言われても、子供達はわからない様子でしたが、例に出された「マンホールのふた」や「風鈴」「銅像」などを聞くと、へぇ~っとちょっと驚いた顔をしていました。
IMGP3047.jpg
講師の今西スタッフ(OB)


後半では、実際に手を動かしての実習です。

鋳造の基本の砂型から作り、溶けた金属を流し込んでペンダントをつくりました。スタッフが流し込んだ金属が固まる様子を興味深そうに見ており、その後、冷えて手元に来たペンダントトップをやすりで磨いていました。1時間くらいの実習時間でしたが、どの子も真剣に取り組んでいました。

IMG_1631.jpg
砂型をつくる子供達

IMG_1663.jpg
金属を流し込む作業場には、ご父兄も一緒に見学しました。

ご父兄の方々も子供達のそばで興味深そうに手元をながめたり、展示してある「ブルドーザのシュー」や「錨鎖」などを熱心に見る姿が見られました。昔から続く鋳造を親子で知ってもらう機会となったのではないかと感じました。

参加者からは、「楽しかった!」「初めての体験ができてよかった!」「金属でつくるなんて、なかなかできる経験じゃないから、作れてうれしかった」「思ったよりよくできたと思う」ととても好評でした。帰りには、みんな大事そうに首からペンダントをかけてました(スタッフも嬉しかったです!)。

IMGP3078.jpg
首にかけて嬉しそうにハイポーズ!

年に1回の東京への出前教室が、今年も無事に開催できましたことを、当日ご来場くださった皆様、ご協力頂いた皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。


こども♪おしごとたいけん

11月16日(日)小松市のイベント「こども♪おしごとたいけん」がありました。
いろいろな職業体験をできるイベントで、こまつの杜からは「こどものまち工場」として彫金の工場を出展。こまつの杜のスクスク教室部会のスタッフに教えてもらいながら、小学校1年生から6年生までの子供達32名が体験しました。
作ったペンダントは、飛ぶように売れて完売でした!

IMG_0181.JPG
IMGP2113.jpg

理科教室「リニアモーターカーを作ろう」

6月度の理科教室「リニアモーターカーを作ろう」の第1回目を行ないました。講師はOBの堂道さんです。

みんなで作ったレールを並べて、車輪を走らせました。うまく端から端まで車輪が走り切ると、思わず大歓声が沸きあがりました。

40_1_240x240[1].jpg40_2_240x240[1].jpg