活動報告

6/22(土)めずらしい蝶と植物を観察しよう!

今回は、春から秋にかけて観察することができる「ジャコウアゲハ」と「ウマノスズクサ」について、福井ひろみ先生と大川洋子先生が教えてくれました。
イベントではジャコウアゲハとウマノスズクサの関係性や特徴について、こまつの杜で観察・撮影した写真や動画で子供たちに説明しました。
DSCF3691.JPG DSCF3696.JPG
みんな先生のお話しをしっかりと聞いてくれています!
DSCF3713.JPG DSCF3717.JPG
げんき里山にある「蝶の観察ロード」では、実際に幼虫やさなぎ、ウマノスズクサを観察しました。
大川先生が、「ほらそこに幼虫がいるよ!」!と言うと、みんな一生懸命にのぞき込んでいました。
DSCF3698.JPG DSCF3701.JPG
参加してくれた子の中には、「虫が大好き!」という子が虫かごを持参していて、蝶の観察ロードに着くまでの道中に見つけたバッタを捕まえて、大切にかごにいれて持ち帰っていました。
DSCF3726.JPG DSCF3733.JPG
イベントの最後には、記念品作りということで蝶のイラストを描いたプラバンでのストラップ作りも親子で楽しみました。
そして、なんと!プラバン作りをしている最中に、展示していたジャコウアゲハの幼虫が脱皮を始め、その貴重な瞬間を子供たちに見てもらうことができました。
DSCF3738.JPG DSCF3739.JPG
みんな興味津々に虫かごの周りに集まっています。

「めずらしい蝶と植物」次回は9/21(土)に渡り蝶「アサギマダラ」についての教室を開催します。
興味のある方はぜひご応募下さい♪