活動報告

餅作りを行いました

12月15日、智光幼稚園の園児たちと「餅作り」を行いました。

使用したもち米は、こまつの杜 げんき里山の田んぼにて今年一年間
園児たちと共に育て、収穫したもち米です。

もちつき当日、元気いっぱいの笑顔で来館してくれた園児たち。

DSCF9620_R.JPG DSCF9613_R.JPG

手洗い・消毒をしっかりと行い、まずは杵と臼を使っての餅つき見学です。

DSCF0391_R.JPG

普段あまり見ることができない光景に釘づけになっています。
杵をつくタイミングで『よいしょ~!頑張れー!』とみんなで声援を送り、

その声援を受けて、OBスタッフもとても嬉しそうです。

『お米の形じゃなくなってきたー』
と、お米から餅になっていく過程もしっかりと観察してくれています。

DSCF0402_R.JPG

見学の後は実際にもちつき体験をしました。

DSCF0413_R.JPG

つきあがった餅をボランティアスタッフが手際よくちぎって丸め、

DSCF0460_R.JPG DSCF0465_R.JPG

餅が温かいうちに具材付けにとりかかり、上手にきなことあんこを付けることが出来ました。

DSCF0498_R.JPG DSCF0507_R.JPG

自分たちで餅つきをして具材を付けたお餅の味は格別だったようで、食べ終わった後に
『きなこもあんこも両方おいしかったー!』
『まだまだ食べれる!』
と嬉しい感想が聞けました。
帰りも元気よく手を振ってくれて、とってもかわいい笑顔でこまつの杜を後にした子供たちでした。

今年は精米にして67.5kgのもち米を収穫するこができました。
そのうち35.25kgを鏡餅用に、残り32.25kg(13臼)を餅つき用にと分けて使用しました。